News
2017' 10/24


Coming soon!

劇団創設25周年プレ企画
ZIPANGU Stage リーディングシアター

『日の出荘のW杯2017』
STOP BREAKING DOWN,OUR APARTMENT HOUSE

2017’12/8(金)〜10(日)
@下北沢亭

公演情報はこちら



Thanks Coming!

ZIPANGU Stage vol.43
から・さわぎ

全日程無事終了いたしました。
沢山のご来場ありがとうございました。

速報レビューはこちら



祝! W杯ロシア大会出場決定!

次回公演は、ワールドカップシリーズ
その記念すべき第1作をリーディング公演で


 先日のアジア予選のオーストラリア戦、久々に興奮いたしました。

 実はワタシ、その日に決まると思っていなかったので(笑)、思いがけず歓喜(笑)。いや、本戦出場自体を疑っていたワケではないのだけれど、たぶんもうちょっと苦労するんじゃないかな、と。その翌週のサウジ戦で決まればまだ良い方で、ヘタしたら第5代表決定戦とか大陸間プレーオフまでもしかしたらもつれるのかな、なんて勝手に想像していたワケです。でも、強かったですね、あの日の日本。本田も香川も出なかったのに、まあ危なげなく、難敵オーストラリアを(実は、ワールドカップ予選でも本戦でも過去一度も勝ったことなかったのだけど)粉砕してくれました。浅野の1点目もよかったけど、井手口の試合を決めたミドルシュートが、実に実に気持ちよかった。代表の顔ぶれも、これでどんどん変わっていくことになるでしょうね。時代の変わり目を、もしかしたら目撃したのかも、しれません。


 さて、これで来年5月の25周年記念公演は、お馴染み日の出シリーズを上演できることになりました。(その意味でもめでたい!)
 そのプレ公演として、
 12月8日から10日の日程で、日の出シリーズの記念すべき第1作であり、時の萬劇場(当時は萬スタジオ)BACKUPシリーズでグランプリをいただいた、『日の出荘のW杯』を、リーディング用に台本を大幅改稿しまして上演いたします。(公演の詳細はこちらをご覧ください)

 もう20年近くも前の作品なのだけど、今読み返しても瑞々しさが失われていないと感じられます。シリーズの全てのアイディアの源は、ここから始まっているワケでして、やはりというかアイディアに溢れた台本なのです。(と、自画自賛(笑))

 そして、集まってくださった役者さんたちがまた、非常に豪華なのです。まずは、うちで長いコト看板役者としてやっていただいたキム木村さんが去年の『笑う数学者』以来の出演となります。あの人並外れた愛嬌のある演技はとても楽しみです。そしてそのキムさんのプロデュースで(正確には吹澤信子事務所プレゼンツ)昨夏上演された拙作台本のリーディング公演『カサ・ノワール』に主演のカトリーヌ役で出演されていた、荻原恭子さん。ずっとうちに呼びたいと思っていた女優さんですが、今回縁あって初めてうちでご一緒させていただけることになりました。そしてその『カサ・ノワール』をうちで初演した際にも出演してくださって、今もプロの声優さんとして大活躍中の、西垣俊作さん。リーディングでご一緒させていただくのは初めてなのですが、その読解力や表現力はズバ抜けた方だと思っています。そしてご存じ、最近のうちの超常連客演で、6回連続出演中のコヤタカフミさん。もはや言わずもがなですね。そしてそのコヤさんが主宰する劇団『でこぼこギア』さんの看板女優で、本年1月の『酒場でダバダ』にも出演していただいた北川純子さん。並外れたエネルギーとパワーを持つ女優さんです。
 まさに25周年の前夜祭にふさわしい陣営となっておりまして、うちのメンバーも加えたメンツで、ほぼ20年前に初演された『日の出荘のW杯』がどんなふうになっていくのか……私としても非常に楽しみなのですね。


 日の出シリーズは昔も今もそうなのですが、サッカー選手や関係者は一切出てきません。出てくるのは、それをテレビで観ている、ごく普通の人たち。実はサッカーどころじゃない人々が、いつの間にやらテレビの向こうのボールの行方に一喜一憂し始める、そんな人間のおもしろさ、かわいさ、そして熱さを描く作品です。サッカー好きにはもちろんですが、サッカー全然知らないよって方にも十分楽しめる作品になると思っております。
 ご来場を心からお待ちいたしております。

ZIPANGU Stage主宰 今石千秋